2010年12月23日

大林さんの卵!

大林養鶏場の大林さんがやってきてくれました!

以前KITOKURASのマルシェでご一緒させていただいて、いろいろと勉強させていただいてます。

実は先日の打合せで面白いお話をしていただきまして。
「鶏が成鳥になって、卵を産めるようになる2〜3週間だけ通常より小さな卵を産む」んだそうです。
それがなんと「非常に栄養価が高くていい卵」!

ですが、通常で出荷するには小さすぎてサイズが規格外らしいんです。
そんな貴重な卵をいただいてしまいました。

何をつくろうかなーと思うんですが、やっぱり目玉焼き!
まずはここからですね。

大林さんの卵.jpg
posted by ノブ at 16:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

ファーストデイ ピクアル!

カスティージョ デ カネナの「ファミリーレゼルブ ファーストデイ ピクアル」が再入荷しました!

初回入荷分は人気で即完売。

自分の分もなかったんです。

で、やっと今年のピクアルを味見しました。

いやー、すごい出来ですね。
香りがフレッシュなのはもちろん、苦みと辛みのバランスが絶妙!
これはホントに搾りたての味ですよ!

これが日本で味わえるなんて奇跡です。
メーカーとインポーターさんの努力に感謝ですね。

ぜひ味わってください。
個人的には今年はピクアルがよかったかなぁ。

ブログ用 - 14.jpg
posted by ノブ at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリーブオイルの搾油を見てきました

オリーブオイルの搾油を見てきました!

今シーズンは11月初旬から始まった搾油ですが、なんかバタバタしてまして…
立ち会えたのがなんと今シーズン最終の搾油でした。

お邪魔したのは「ヤマヒサ」さん。
昭和7年創業のこだわりのお醤油屋さんです。

平成元年にオリーブの栽培を始められて早20年、オリーブオイルだけでなく
オリーブの新漬けオリーブ茶なども製造されています。
特にオリーブ茶はヤマヒサさんだけが茶葉専用のオリーブ畑をお持ちです!

さて、オリーブの搾油ですが。
収穫した実を搾油機に投入します。
ブログ用 - 06.jpg

実以外の枝や葉を取り除き、洗浄。
大きな歯でペースト状にしていきます。
ブログ用 - 05.jpg
ここがポイント!
撹拌する際の温度が重要なんです。
通常コールドプレスと呼ばれるものはここでの温度が28℃以下に保たれなければなりません。
もちろんヤマヒサさんでは25℃〜26℃にキープ!

その後デカンタと呼ばれる遠心分離機にペーストを移し、オリーブオイルを取り出します。
ブログ用 - 08.jpg

これが搾りたてのオイルです!
オイルというよりジュースですね。
ブログ用 - 12.jpg

今回搾油した実は小豆島では代表的な「ミッション」
この時期になるともう熟し過ぎといってもいいくらいなので、味もまろやか。
とはいえ、搾りたては苦みや辛みもあって、香りも立ってます!

実際に製品として市場に出るのは来年の1月末くらいだそうです。
楽しみですね!

帰りの池田港では日が傾き始めてました。
島は癒されるなぁ。
ブログ用 - 13.jpg
posted by ノブ at 23:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。